愛車に付けられたいたずらキズ 研磨で復元!

車種 

未だにこんな事をするのか?と疑ってしまう様な愛車に付けられてしまったいたずらキズ。

当て逃げやいたずらによるキズはなかなか犯人を特定、見つける事は困難であり、こういった事を考えると自己防衛するしか方法は無くドライブレコーダーは必須なのかな?と思ってしまいます。

今回のご依頼も駐車場にて付けられた10円キズ!オーナー様は塗装は考えておらず磨きで行けないか?という依頼です。

1枚目画像エンブレム下方から右にかけて相当な深さのキズ、エンブレム左側は他店様で磨かれてますがキズの除去どころか磨き傷をしっかりと残されております・・・

ボンネット1枚塗装となるとポルシェマカンクラスで6〜8万円、痛い出費となります。

研磨で済めば費用も格段に安くなります!

しかしながら研磨もただ闇雲に磨くのでは無く塗装の膜厚、傷の深さを見極めることが非常に重要で簡単に磨きましょうか!と磨いて除去できなければただ単純に塗膜を削るだけの行為になり兼ねません!結果が2枚目の画像ですね・・・

オリジナルの塗装を残してあげることも重要で愛車の価値を守ってあげれるのも研磨のメリット、しっかりとした技術のあるお店へご相談される事をお勧めいたします!

この様な事例も当店へお任せください!

まずは左側、深い部分は筋が残りますが問題なく除去!

問題は右側、塗膜の状態も薄くキズは相当深い・・・

キズ状態と塗膜と相談し機材の選定、当店の持つ研磨技術を駆使しぱっと見は判らないレベルで完了!もっと追えばいけるのでしょうがオリジナルの塗装を残してあげるのも重要でここを見極めるのも先の愛車の事を考えるとリスクを取る事はしません。

いかがでしょうか?

ご相談されるところで先の愛車の状態が左右されます。ディーラーや板金屋さんでは間違いなく塗装一択です。また技術のない業者さんだと磨き傷だけが残るという状態!

そうなる前にまずはご相談だけでも構いません。最善・最良の策をご提示いたしますのでお気軽にご相談ください。